2017年09月14日

新しい風

2017090618060000.jpg


先日、「 物を売るな 物語を売れ!」というテーマで、
コピーライター 川上徹也氏 の講演を拝聴してきました。

内容としては、
野菜農家さんがカブを売る為に、ただ「美味しいよ」言うのでなく

「 農家を訪ねてきた人が、ひとくち食べて口にした
   桃みたい という言葉。それほど甘いカブをお試しあれ 」

と言ったほうが買いたくなるでしょ!というお話でした。

これは、オイシックスさん(野菜宅配会社)が実際に
このような説明書きと ピーチカブ という名前をつけて
売り出して大成功した例だそうです。
心に響く提供の仕方が大切なのだ ということを教わりました。


カウンセリングに置き換えてみると…
カウンセリングの効果を伝えるだけでなく
不安や抵抗がある方に、受けてみたいと思える入口や、
自分を知る楽しさ を提供していく必要性を改めて痛感しました。

行動あるのみ! 

久しぶりに企画講座を開催します。

『 ペア・アートセラピー講座 』


1人では抵抗がある方に
夫婦・恋人・友達・親子などがペアになって
自分の深層心理を知りながら、相手の心理も分かってしまう。
楽しみながら、
信頼関係を深めたり、互いを理解しあうことに繋がる講座を考えました。

少し先になりますが、12月23日(祝)を予定しています。
詳細は後日、HPにて掲載いたします。
新しい風を吹きこんでいきますね。


深層心理が知りたいあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです



posted by junchan at 11:31| 心のおしゃべり

2017年08月24日

人生を楽しむ

おす.png

この間行った
飲食店のトイレの扉に『 お酢 』という文字がありました。

1度目は 何だ?? と思いながらも スルーしたんです。
私、にぶいですよね(笑)2度目に気がつきました。

そうなんです。 
扉を押すことを お酢 と表現していたんです。
楽しいですよね ♪ 

何気ない日常が、クスっと笑える日常に変わる。
日常も楽しんだものがちですよね。

同じことをするにも、嫌だなぁと思ってやるより
小さくても、楽しみを見出しながらやる。
そんな、楽しさを感じられる人生にしませんか。


心が不安でいっぱいだったり、疲れて余裕が持てないと
思わず笑みがこぼれる、
素敵な機会を見逃してしまいますよ。


さぁ ここで問題です。
扉の反対側には、何の漢字が書かれていたでしょうか?
.
.
.
.
.
答えは 『 挽く 』です。
当たった方 おめでとうございます!



楽しいと感じられないあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです




posted by junchan at 17:02| 心のおしゃべり

2017年08月10日

苦い思い出

40.jpg

あなたに、苦い思い出はありますか?
おそらく誰にでも、1つや2つそんな思い出があるでしょう。

思い出された方にお聞きします。
その当時、感じた気持ちはどんなものでしたか。

後悔ですか?
悔しさ・自己嫌悪・悲しみ・せつなさ… ですかね。

そこで質問です!
その場面を思いだした時、どんな心の状態になりましたか?

1)「 そんなこともあったな 」と冷静な感じですか?
2)感覚や感情が蘇ってきて 心が反応している感じですか?

1の方は、過去のものとして整理がついているのでしょう。
2の方は、まだ過去のものになっていないかもしれません。

その当時の感覚や感情が蘇ってきて、嫌な気持ちになったり
不快な気持ちになったのなら…
[ 過去 ] に起きた出来事ではあるけれど 
その時の感情が [ 今 ] も残っていて
消化できていない可能性があります。
つまり、過去のものになっていないという捉え方ができます。
それは辛いことですね。


過去の マイナス感情 にとらわれて生きることは
今 起きている プラス感情 を感じにくくさせてしまう もったいないことなのですよ。




蘇る感情の大きさによるのですが、話せる範囲であれば
信頼できる人に話してみると
自分とは違う見解をくれたり、共感してくれたりするので、
心の整理がつきやすくなりますよ。

もし、何度も繰り返しその場面を思い出して
後悔ばかりで辛いという方は
カウンセリングで第3者に話すという方法がありますよ。
心を整理する為に、一緒に考えてくれると思いますよ。
試しに1回行ってみてはいかがでしょうか。



昔のことばかり考えて辛いあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです





posted by junchan at 12:02| 心のおしゃべり