2015年11月11日

ラテアート

2015080519540000.jpg

心理カウンセラーがあなたに贈る 生きやすい人生のはじめの一歩!

『 自分の捉え方 』

これは、「ラテアート・ワークショップ」に参加した時の作品です。
左が先生で右が私です。
…そうなんです! 私は絵が下手なんです(笑) 手先が不器用なんです。

そんな私の捉え方は2つ

@不器用な私  A不器用な所がある私  

どちらで捉える事が良いと思いますか?



答えは「 不器用な所がある私 」です。

・不器用な私      はまるでそれが自分の人格のような 全体として捉える言い方です。
・不器用な所がある私   は色んな自分がいる中の 一部の自分として捉える言い方です。

 全体ではなく 一部分として捉えましょう 

仕事で失敗をした時、友人との付合いで上手くいかなかった時、は落ち込みますよね。
そんな時、「失敗するような私」と捉えると、
この先もずっと失敗し続けるというメッセージを自分に与えてしまうことになります。

それよりも、「失敗することもある私」と捉えて下さい。
いつも失敗している訳ではありませんよね。
成功に導いた仕事も、上手く付合えた時もあるはずです。
自分を必要以上に責めるのでなく、自分を信じる方向へと繋げてみてはいかがでしょうか

全体性でしか捉えられないあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです





 




posted by junchan at 09:48| 心のおしゃべり