2016年02月23日

恩返し

2016010811120000.jpg

先日 柳井光子氏 の講演『 心の経営 』を拝聴しました。
「生コンクリート業」の山一興産(株)と 老人ホームなどの「福祉事業」を手掛ける
年商500億の 女性経営者 でいらっしゃいます。

私が感銘を受けたのは、
『 生コンクリート業は天職で 福祉事業は使命 』と明言された言葉の
使命に込められた想い です。
生コンクリート業は、当時お兄様と起業してから、その後、危機を迎えた会社を
1人で今の成長に繋げたことで、一生やっていくのだと決意されたそうです。

一方福祉事業は、儲けることを考えたら成り立たない 奉仕事業であることを知りつつ、
若くして亡くした両親に恩返しができなかった、その恩を、自分の両親でなくても、
世の中のご両親に返していく、そんな想いを込めて経営にのりだしたそうです。
利益を生む為でなく、社会にお金を還元していくのだと。

皆さんには、いませんか?
生きてきた中で過去に、面倒みてくれた人、助けてくれた人、
逆に自分が、迷惑を掛けた人、傷つけてしまった人。
でもその当時は、心がいっぱいでその状況に気づけず、年月が経過してから、
充分な感謝や謝罪ができていなかったことに気づく。
でも気づいた時に、目の前にはいなくて、何もできなかったことはありませんか。

そんな時、私は思うのです。過去に返せなかった想いを、

本人ではない別の人、目の前にいる人に
優しくしたり、力になることで、
かつての恩を返してもいいのではないかと。
別の人に償ってもいいのではないかと。
 

自己満足なのでは?と思う方もいるかもしれませんね。
でもそうやって、過去から未来へ、人との繋がりや想いが引き継がれていくのも
悪くないのではないでしょうか。

心残りがある方へ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです







posted by junchan at 10:55 | TrackBack(0) | 心のおしゃべり

2016年02月04日

うにいくら丼

2015092819180000.jpg

心理カウンセラーがあなたに贈る 生きやすい人生のはじめの一歩!

『 貴方の頑張りを1番知っているのは誰でしょう 』

自分を褒めていますか? 自分にご褒美をあげていますか?

先日、歯医者に行きました。虫歯になるのは自業自得であり…
お恥ずかしい話でもあるのですが… 
私は歯医者が嫌いです。治療が痛いから嫌なんです、怖いんです(笑)

治療を終えて私は 『 よく頑張ったね 』 と自分の頭を撫でました。
私にとっては、覚悟がいることで、頑張ったことに値するからです。

話は変わり、少し前、3年3ヶ月に渡るプロジェクトが終了しました。
私は、お茶碗いっぱいの うに と いくら を自分にプレゼントしました。

自分を認める「頑張った」という認識は、がんばりハードルの高さ設定によって人それぞれ違います。
始めは、両親や先生など、身近な大人から褒められたその内容から、
「ここまでやると頑張ったことになるんだ」
「これは頑張ったことにならないんだ」と学んでいきます。

でもそろそろ、その設定を自分設定に変えてみませんか?

どれだけ頑張ったかを知っているのは、
           他の誰でもなく自分なのですから! 
 

他者が頑張ったと思わなくても、他者にとっては普通のことでも
自分にとっては頑張りに値することってありますよね。

そんな時は是非、自分を褒めて下さい。自分にご褒美をあげて下さい。
きっとあなたの心は喜び、明日へと繋がるパワーをくれることでしょう。

自分を褒められないあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです






posted by junchan at 15:59| 心のおしゃべり