2016年03月31日

はちみつ

はちみつ.png

心理カウンセラーがあなたに贈る 生きやすい人生のはじめの一歩!

『 自分を 否定する言葉 肯定する言葉 』

あなたは普段、自分にどんな言葉を使って話しかけているでしょうか。
無意識に、ダメ出しや、自分に罰を与える言葉を心の中でつぶやいていませんか?

例えば…

「 家事が終わっていないから ひと休みしてはダメ 」
「 今日は会議で発言できなかったから 残業しないとダメ 」
「 家でダラダラする時間があるのなら 資格の勉強でもしなきゃダメ 」

 〜ダメ は、自分に条件をつけて追いつめる 自分を否定する言葉です。 反対に、
 

 『 〜いいよ 』 は 自分を受入れたり 自分を許す 
                  自分を肯定する言葉です 


「 家事は途中だけど ひと休みしてからやればいいよ 」
「 会議で発言できなかったのは残念だけど その想いを次に活かせばいいよ 」
「 いつも頑張っているんだから 自分を休ませてあげていいんだよ 」

どちらの言葉が 心を元気にするかお分かりになりますよね。
ダメ出しをしている自分に気づいたら、
時には、はちみつのような甘い言葉 『 いいよ 』をプレゼントしてあげて下さいね。

自分にやさしくできないあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです


posted by junchan at 20:37| 心のおしゃべり

2016年03月24日

3.11 「生きる」

東北大震災から5年、
愛する家族を亡くされた方々が 悲しみ を背負いながら
生きてこられた道のりは、決して平坦ではなかったことでしょう。

その上、
災害・事故・突然の死 などは特に、残された家族が
自分を責めるという心理に陥りやすいと言われています。

「 あの時 自分がこうしていれば 死なずにすんだ 」
「 あの時 自分がこう言わなければ あの場所に行かなかった 」
「 なぜ 自分は生き残ったのだろう 」

悲しみだけでなく、自責の念 とも向き合っていかなければならない
その想いは 私達が想像を絶するほどの辛さであることは間違いありません。

『 生きる意味 』を問われたら、
きっと誰にとっても 答えをだすのは難しいことでしょう。

そうであるなら、分からないからこそ

生きているから どうしたいのか   生きているから どうするのか 

を問いかけながら 生きていくことはできるかもしれません。
『 生きる 』ことは素晴らしいことなんだと、思えるよう生きていきたいですよね。
 



posted by junchan at 14:56| 震災支援