2017年02月23日

自己対話

2016090715090000.jpg

子どもみたいですが、私はフライドポテトが大好きです。
チーズソースがかかっていたら もう最高です!

皆さんは、メニューから食べ物を選んだ時、

『 これ がいい 』 と言いますか?
『 これ でいい 』 と言いますか?

★ これでいい ・ それでいい と言う人は 心から望む選択をしていません。

メニューに食べたいものがなかった場合は例外ですが…
適当に選んだり、選ぶことを放棄したときに そのような言葉がでます。
それはつまり、自分の望みに耳を傾けていないことになります。

★ これがいい ・ それがいい と言う人は 心から望む選択をしています。

無意識ではありますが、自分に問いかけているとそのような言葉がでます。
「ねぇ私 今 何が食べたい? 私が好きなものはある?」と。 
望み知ろうとする自己対話は、望みを叶えてあげられるので心が満たされます。

さて、
食べ物を例にお伝えしましたが、人生は常に選択の連続です。
自分に「 どうしたい? どう思っているの? 」と
問いかける自己対話はとても大切です。

自己対話こそが 自己理解に繋がり、
            心の充足感に繋がるからです

これでいいと言う人生でなく これがいいと言える人生を歩んでいきたいですね!

決定に自信が持てないあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです



posted by junchan at 19:27| 心のおしゃべり

2017年02月02日

役割



成長.png

◆心理カウンセラーがあなたに贈る 生きやすい人生のはじめの一歩◆

人は成長と共に、色んな役割を背負っていきます。

『 わたし 』で産まれ
→ 学生 → 大人 → 社会人 → 妻(夫)→ 母(父)…

その役割は、嬉しいことではありますが、
     時として 自分を苦しめることにも繋がるんです。

〇〇なんだから と自分に押し付けてはいませんか?

・社会人なんだから  これぐらいの事は出来ないと
・もう大人なのに   何をしているのだろう
・先生なんだから   誰がみているかわからない
・部長なんだから   ここまでやって当然 
・専業主婦だったら  これぐらいの事はやらなきゃ
・母親なんだから   もっとこうしなければ 

いくつもの役割を背負うほど、身動きが取れなくなるのは嫌ですよね。
背負う前に わたしであること を思い出してください。


『 わたし 』は どうしたいのか 

『 わたし 』は どこまで出来て 
           どこまでは出来ないのか


わたしにとってのここまで 
わたしの答え
を出していきませんか? すごく楽になりますよ


役割につぶされそうなあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです





posted by junchan at 12:20| 心のおしゃべり