2019年11月28日

新しいルール

DSC_1672.JPG

現在、読みかけの本が3冊、今後読もうと思う新しい本が2冊あります。

「 えっ 読みかけの本が3冊もあるの? 」
              そう思った方がいるかもしれませんね。

親でしょうかね。世間?誰の教えかは分からないのだけれど
「 本は1冊読み終えてから、次の本を読む 」という
暗黙のルールみたいなものって意識の中にありませんか?

読みかけの本が気になって「読まなくちゃ」と思ったり、
読みかけの本があるから「新しい本を買うのはやめよう」と思ったり。

かつての私がそうでした。
でも本って、購入したものの一気に読みすすめられる本もあれば、
集中力が必要な本、今の自分には合わなかった本など色々でてきますよね。
本を読みたいけれど、この本の気分じゃないってことがあると思うのです。

よって、自分に合わないルールは、新しいルールに変えていいと思うのです。
守り続ける必要はないんです。
新しい本を買ってもいいし、複数の本を同時に進めてもいいと思うのです。

その日の気分や体調によって、読みたい本は違うものです。
案外、混乱はしませんよ。

私は、毎日寝る前に本を読むのですが
「 今日はどの本にしようかな」と自分に問いかけます。
選ぶ本で、その日の疲れ具合が分かったりして、それも発見です。

どうぞ 過去のルール・いらなルールは捨てて
新しいルールを作ってあげて下さいね




いらないルールに縛られているあなたへ
       さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。



posted by junchan at 18:27| 心のおしゃべり

2019年11月15日

正解は1つじゃない

elavator.png

私が住むマンションのエレベーターは、2基です。
私は、上の方の階に住んでいるのですが、
仕事から帰宅し、自分の住んでいる階に到着した後、
エレベータをそのままにしておきます。

でも夫は、エレベーターを1階に降ろすのだそうです。
理由を聴くと、夜は仕事から沢山の人が帰ってくる為
2基とも、1階に降ろしておいたほうがいいとのことでした。

なるほど、親切だなと思いました。
ただ私にも
あえてそのままにしておく理由があるんです。

エレベーターは、1階にあることが多い中、
【 上の階に住む人あるある 】だと思うのですが、
上から下に降りる場合、急いでいる時や体調がよくない時、
エレベーターを待つのって、結構 いやなもん なんです。

でも、上の階にエレベーターが止まっていると、なんだか嬉しいんです。
「エレベーターさん ありがとう 助かる〜 ハート(トランプ) 」と
つぶやく時さえあります。
それだけで、ラッキーな気分になれます。
よって私は、
そのラッキーを、誰かにも味わってもらいたいなって思うんです。

そこで、考えるのは、どちらが正解かです。

夫の言い分は、きっと多数派の意見であり、
疲れて仕事から帰ってくる方々を、労う意味があり、正解だと思うんです。

一方、私の言い分は、少数派の意見かもしれません。
でも、小さなラッキーを味わってもらいたい!と思う気持ちから
1基が上の階でもいいと思うんです。

よって、どちらも正解だと思うのです。
正解は、人によって、立場によって、人生経験によって変わります。

不正解はないと思うのです。

自分がこうしたいと思うことを、
  大事にしていきたいですよね そして
誰かのこうしたいも、大事にしたいですよね




自分がどうしたいか分からないあなたへ
       さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。




posted by junchan at 12:46| 心のおしゃべり