2020年12月17日

自問自答

139701.jpg

皆さんは『 イライラしている自分 』に気づくことはできますか?

生きていく上では誰もが「イライラ」という感情を味わいます。
「イライラ」は「怒り」と似ていますが、否定する必要はありません。


イライラは、自分を知る手がかり だからです


イライラの奥には、別の気持ちや感覚が隠されていることが多いんです。
ちゃんと理由があって、人はイライラするのです。

代表的なものは
@疲労感 … 忙しかった、大変な事があった
       考える事が多く、脳を沢山使った 
A悔しさ … 努力が報われなかった
B悲しみ … 気持ちを分かって貰えなかった  などです。


イライラしている自分に気づいたら、
目を閉じて、優しく自問自答してみて下さい。
「ねぇ私、何でイライラしているの?」
「疲れているの?」
「何か嫌なことがあったの?」


自問自答の答えが出たら
その気持ちを受入れたり 勇気づけて下さい


・疲れなら… 「 私疲れているんだね お疲れ様 」
・悔しさなら…「 頑張りは無駄にはならないよ 」
       「 頑張ったこと 私がちゃんと知っているよ 」
・悲しみなら…「 分かってもらえず 残念だったね 」
        「 大丈夫 私の考えは間違ってないよ 」
 
イライラの奥にある気持ちで1番多いのは、疲れからくるものかもしれません。
疲れていると人はイライラするのです。
だとしたら、疲れている自分を休ませる為に、具体的な対処もしましょう。

・温かい飲み物を飲んで一休みする
・夕飯の支度を簡単なもので済ませる
・頑張っていることを一旦保留にする などです。

イライラは放置すると、投げやりになったり、
家族や身近な人にあたるという弊害が起きて、悪循環を生み出します。

家族の誰かをみて、こう感じたことはありませんか?
「何この人、イライラしている」「今日、機嫌悪いな」
でも、本人は気づいていないケース、よくありますよね。
イライラは、自分で気づいて対処しないと、小さくすることはできません。

イライラしている気持ちに向きあえるのは自分だけです。
答えを出せるのも自分だけです。
もしも答えがでなかった時は、「 答えがでない時もあるよね 」 
そう言って、日にちの猶予を与えてあげて下さいね。


自分を勇気づけでもイライラが収まらないあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。






posted by junchan at 11:31| 心のおしゃべり

2020年12月10日

偶然か必然か

PIC0000E6.JPG

枯れ葉がひらりと落ちて
アスファルトに立って着地するなんてすごいですよね。

「 すごい偶然 ! 」とワクワクしながら写真を撮った私ですが、
「 子どもが遊んで、立てたのかもしれない 」と
         必然だと思う人もいるかもしれませんね。

確かに、目の前にある現象が
     偶然か必然か、私には分かりません。

でも、私が導きだした答えです。 
私の直観を信じてみますね。
ワクワクした気持ちを大事にしますね。


 
自分を信じることは
  とても尊いものですよ  心地よいものですよ



素敵な現象に出逢えて楽しかったです。




自分を信じることが難しいあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。






posted by junchan at 11:20| 私のひとりごと

2020年12月03日

相談相手は誰?

594366.jpg

自分の言動が合っていたのか、自問自答が止まらない時
数日間、頭から離れないような出来事が起きた時

あなたは誰に相談しますか?
頭に浮かんだ人は誰でしょうか。

1番身近な両親ですか? 
友人やパートナーですか?
内容によって変えますか?
話の流れで、目の前にいた人ですか?
会う機会の多い、職場の人やママ友ですか?

結論からお伝えすると

絶対に 自分の味方になってくれる人に相談しましょう


味方というのは、何を言っても否定しない、合わせる人ではありません。
いつどんな時でも、まずはあなたを受入れて味方になってくれると
信じられる人のことです。

でもそれをすると、自分本位だ
学びにならない、成長しないのでは?と思うかもしれませんね。

『 いえいえ 』そんなことはありません。

もしもその相手が、指摘や注意はせず、遠慮して共感だけに留めたとしても
人は味方になってくれたり、共感されると、
心に余裕ができて、客観的視点も加わるので
後からでも、自らが反省点にたどり着けるものなのです。

信頼できる人に共感してもらえたら、嬉しいですし
信頼できる人になら、間違いを指摘されても素直に受け入れられます。

でもそのことを、正解か不正解でジャッジする人や
人として好きだと思えない人から指摘や注意をされると、拒絶反応が起きます。
認めたくなくて反論したり、意地をはりたくなります。

人は、間違えることがあります。
経験していないと、方法が分からないことがあります。
頭が真っ白になり、思いもよらぬ言動をする時もあります。

自分をかえりみる出来事が起きた時は、
急いでいたとしても、早く吐き出したいと思っても
一か八かで、自分に共感してくれるか分からない人に
賭けにでるような相談は、どうぞしないで下さい。

この人になら、
何を言われても受け入れられると思える人に相談して下さいね。


自分で答えをだしたい事があるあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。






posted by junchan at 11:06| 心のおしゃべり