2017年04月27日

人間関係の片思い

無題2.png

片思いといっても、
恋愛の話ではなく、人間関係全般におきる片想いの話をしますね。
恋愛においては、自分がどんなに相手を好きでも、応えてもらえないことが
当たり前に起きることは、皆さんもご存知ですよね。

実はこの理論は、異性の関係だけでなく
友達同士や、上司と部下の関係でも同じことが起きるんです。

「この人と友達になりたいな」
「あの上司と仲良くなりたいな」
と思っても、相手も同じように、思ってくれるとは限りません。
自分とは仲良くしてくれないのに、他の人と仲良くしている姿をみると
こんな風に思うことはありませんか?

「私はこの人に嫌われているんだ」
「私が〇〇だから だめなんだ」

でもね …。 
自分を責める必要はないんです。
人と人が付き合う上では好き嫌いとは別に
【 思う度合い 】のすれ違い=片思い が当たり前に起きるのですから。

自分に置き換えてみると分かりやすいかもしれません。

・この人とは、世間話しくらいがちょうどいいな
・あの人とは、2人でご飯に行きたいな
・この人とは、またみんなで会えたらいいな
と その人と自分の関係性を、知らずに設定していませんか?

【 思う度合い 】には
・気が合う度合い ・落ち着く度合い ・楽しい度合い など 
自分なりの基準があり、
無意識にその人とのちょうどいい距離感を設定しているんです。

よって、
仲良くなりたい相手が振り向いてくれなくても、
「自分より、もっと気が合う相手が別にいるんだな」と解釈していいんです。
残念な気持ちにはなりますが、そこで自分を責める必要はないんです。

あなたにも一緒にいて落ち着く人、いい人だけど気を遣ってしまう人がいるように
他の人にも同じことが起きている、それだけのことなんです。


振り向いてくれない人や、
気が合わない人とどうするかを考えるより、
気が合う人、現在仲良くできている人との関係を大事にしてくださいね


まだみつかっていない人は、(ちょっと根気はいりますが…)
両想いの人を探す旅の真っ最中なんだ と思うのも良いかもしれませんよ。


どうしても苦手な人がいるあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです



posted by junchan at 12:00| 心のおしゃべり