2017年10月26日

心の中身

2016080210200001.jpg


あなたは 他者のことをよく観察しているタイプですか?
「 あの時あの人… 嫌そうな顔してたよな 」
「 あの人のあの言葉は、遠慮して言ったんだろうな 」

当てはまる方は恐らく、
自分の言動もよく反省していることでしょう。
「 さっきの言葉… あの人を傷つけてしまったかな 」
「 あの時のあの行動は、わがままだと思われただろうな 」 

これらの懸念は、
他者からは『 考えすぎ 気にしすぎ 』と言われたり
ご本人も、色々考えてしまう自分が嫌だったり
否定的に捉えることが多いと思います。

ただ、こう考えることもできるのです。


相手の立場になって考える力がある = 強み(長所)

あなたの心に 優しさと思いやり 
があるからこそなのです



だって、自分のことばかり考えている人は
       そんなこと、全く思いつかないのですから。

『 こんなことをしたら相手が嫌な気持ちになるかも 』という考えは
否定せず大事に持っていてもいいのですよ。

でもね、懸念は推測なので、推測=事実 ではありません。

推測を止められないときは、
『 次はこうしよう 』と未来に繋げていってくださいね。



推測が事実になってしまうあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです



posted by junchan at 13:13| 心のおしゃべり