2020年01月30日

姉さん 違います!

DSC_1894.JPG

この間、スーパーのレジで『 ん? 』 という体験しました。

果物はバーコードシールがついていないので、
レジの方が、目でみて判断して商品ボタンを押します。

20代前半くらいの女性が、いよかん を手にして商品ボタンを押したのですが、
ピ!「 オレンジ 」と表示されました。


『 ん? 姉さん これは いよかん です 』

とっさに、心の中でつっこんでしまいました。

言おうか言うまいか 考えたのですが、
『 オレンジと値段は一緒だったし
     いよかんも、みかん=オレンジと言えばオレンジだし』と
余計なお世話だなと思ってやめました。


次にお姉さんは、スウィーティーを手にして商品ボタンを押しました。
ピ!「 グレープフルーツ 」


『 ん? 姉さん これはスウィーティーです 』

今度は、前のめりで 心の中でつっこみました。

さすがに、2度目だったので、
私の心の中で、おしゃべりがとまらなくなりました(笑)

『 スウィーティーは、確かにグレープフルーツの仲間だし 』とか。
『 このスーパーでは、果物はすべての値段を同じにして 
    オレンジかグレープフルーツにまとめているのかもしれない』とか。

『 ん〜 でも商品名を正確に捉えないと、在庫チェックができないよな 』とか。
『 今のうちに、こっそり教えてあげるほうが優しさかな 』とか。

他の人だったら、どんな反応をするのだろうと 気になる出来事であり、
心の中で、2度も突っ込みを入れた、面白い体験でした。



心の中だけおしゃべりなあなたへ
       さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。




posted by junchan at 12:27| 私のひとりごと