2020年06月18日

諦めと尊重

ok_yubi_illust_777-768x688.png

「どうしてあの人は、あんな言い方しかできないの?」
「なぜこの人は、こんなことも出来ないの?」

職場や家族など、接する時間が多い人にほど
        このように感じることはよくあります。

相手の言動が原因で、自分が嫌な想いをした時には
落ちこみますし、苛立ちも覚えますよね。
そうなると、相手にやめてほしい、改善して欲しいと望むのは当然です。

ただ見方を変えると、その望みは「 変わって下さい 変われるはずだ 」と
相手に改善要求を突きつけることにもなり、
「あなたは変われる」と心は『 期待 』することになるのです。

でも期待して、裏切られたら嫌な気分になりますよね。
よって、苛立つからその人に期待をすると、また裏切られて苛立つという
悪循環ループに陥ってしまうのです。

つまり期待とは、相手の能力以上を求めることであり
「 改善するまで許しませんよ 」と相手のことを
どうしても諦めきれない状態を生み出してしまうことにもなるのです。


さぁ 角度を変えてみましょう 


その人は、どうしてもあなたが望むことができないのです。
その人には、その技術も能力もないのです。
その人にとって、難しいことだからできないのです。

ご自身にもありませんか?
他者にとっては簡単なことでも、自分には難しいこと。
それを、変わりなさいと言われ続けて、
改善するまで許しませんよと言われたら、苦しくありませんか?

よって、頭にくることをされた時、配慮が足らないことをされた時
一瞬は苛立ちます。悲しくもなります。
でも「この人にとっては、これが精いっぱいなのね」と
能力の限界を認めてあげる という考えを付け足してみてださい。
そうすると、相手に期待する想いが小さくなります。
その人を諦めることことに繋がっていきます。

相手を諦めきれないと、
怒りになり、その人にこだわり続けることになります。
エネルギーも時間も、もったいないですよね。

では、最後にまとめますね。
人を『 諦める 』ことは、突き放す、見下す、とは少し違います。
その人のありのままを認める、変われないならそのままでOK と

『 尊重する 』ことに似ているのです 



思い当たる人がいたら、その人を諦めることに挑戦してみてくださいね。


人を諦めることが難しいあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。







posted by junchan at 12:22| 心のおしゃべり