2021年06月03日

親からのじりつ

909466.jpg

じりつには2つの漢字があります。

[ 自立 ]
親に頼らず、自分で生計を立てる経済的側面
親の助けを借りず、物事をやり遂げる行動的側面。

[ 自律 ]
親の心理的な概念から離れる、精神的側面。

自立は大事です。
でも環境が許すなら、頼っても、時には甘えてもいいと思うのです。
感謝は忘れずにいたいですけどね。

ここでお伝えしたいのは、自立より大事な自律です。

心の自律とは
【 親がこう言ったから そうする 】でもない
【 親がこう言ったから そうしない 】でもない

親の価値観ではなく

自分の意志で人生を歩むことです

親が言う「あぁしたら?」「こうした方いい」という
指示や提案からくる親の考えは、あくまでも親の価値観です。
自分が体験しながら生み出していく価値観、とは違います。

とは言っても、小さい頃から学んできた親からの教えや提案は
大事な生きる糧でもあります。
でも、要らない価値観も当然あるのです。
親と子どもは別の人間なのですから。
そこで必要なのが 仕分け作業 です

持ち続けたい価値観だと思うなら、大事にしましょう。
自分にとって苦しい価値観なら、捨てましょう。

でもこの作業は、決して簡単ではありません。
親から教えられて信じて疑わない価値観、
当然だと思ってきた価値観が
実は自分には合わない、自分を追い詰めている。

そこに、気づけないといけない訳ですから。

ただ、気づくヒントは自分の中にあります。
違和感を感じたり、嫌な感じがする、その心の反応です。

そんな反応に気づいたら、本当に必要かを問いかけてみてください。

あなたが生きやすい価値観は

自己決定していい のですから。




親に惑わされてしまうあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。








posted by junchan at 13:39| 心のおしゃべり