2021年09月09日

嫌われる理由

1040243.jpg

「この人、私の事を良く思っていないだろうな…」
そう思ったことはありますか?

自分が、他者から良く思われなかったり
嫌われることは、気持のいいものではありませんね。
悲しい気持ちになりますよね。

ただ、生きていく中で

『 誰かに嫌われる 』ことは、全ての人に起きうる

そう言っても過言ではありません。

なぜなら、人が人を嫌う理由は様々だからです。
まず、実害として嫌な事をされたら
「あの人 嫌!」そう思うことは当然でしょう。

でもそれ以外にも、自分では気づけない無意識レベルで
「この人 なんか嫌!」と反応してしま理由があるのです。

・自分に出来ない事が出来る人への羨ましさ  … なんか鼻につく
・自分が得られないものを持っている悔しさ  … あの人 偉そう
・自分の未熟さと同じものを持つ人への拒絶感 … イライラする

・過去に傷つけられた人に似てる人への警戒心 … 意地悪そう
・自分と正反対の性格の人への恐怖   … あの人 理解できない 

読んでいて思いませんか?

自分では どうしようもないレベルで嫌われる


そうだとしたら、もうそれはどうしようもないことなのです。

ただ、忘れてはならないのが、
自分にも、同じ感情が他者に起きてしまうという事実です。
人の無意識というのは、なかなか複雑なものなのです。

さぁ!そこでお伝えしたいのは、
自分を良く思わない人、
嫌う人との人間関係を、どうにかしなくていいということです。

もちろん、自覚できている過ちがあれば謝罪や歩み寄りは必要でしょう。
でもどうしても、誤解・こじれることは人間関係では起きてしまいます。
解決が難しい場合はあるでしょう。

大事なのは、上手くいっていない人間関係に着目するのではなく

上手くいっている人間関係に着目する


自分に対してフラットに対応してくれる人、好意的に接してくれる人との
関係を大切にしていきましょう。

自分にとって心地よい人、心地よい居場所を選んでいいのですよ。



周りの皆が自分を嫌うに違いないと思ってしまうあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。















posted by junchan at 10:35| 心のおしゃべり