2021年09月16日

ボーっとする力

939369.jpg

人は常に色んな事を考えています。いえ…考えてしまいます。
でも楽しい事やプラスの事を考えている時は、疲れません。
不安な事、苦しい事、やらなければならない事
解決・決断しなければならない事 を考えている時は
ものすごく疲れます。

よって、脳を休ませる メンタルヘルスケア の1つとして

リラックスしましょう! 瞑想をしましょう!

と提唱されるのはその為です。


ただ、何も考えないようにするって難しくありませんか?

気づいたら人は、何かを感じたり、考えてしまうものですから。
でも、寝起きや体調が悪い時など、
結果としてボーっとしてしまうことはありますよね。

ボーっとしよう!と思って自分で無を作り出せる人は、
特技だと思って下さい。素晴らしい能力です。

そこで今回は、
何も考えないを どうやってするか についてお話します。
無になろうと思っても
数秒で何かしら、頭に浮かんできてしまいませんか?

そこで幾つかご紹介したいのでは

目を閉じて音を遮断し、別の何かに集中する方法

@ 自分の呼吸に集中 (感じる集中)
A 瞼の裏の黒色に集中(見る集中)
B 時計の音に集中  (聞く集中)

それは、何も考えていないことにならないのでは?
そう思う方もいらっしゃいますよね。
いえいえ、なるんです。

自分を追い詰めない 焦らせない 惑わせない


それが、自分に負担を与えず、脳を休ませることになるんです。

空、海、新緑などの1つの色を見ているとリラックスしやすくないですか?
それはこの集中原理です。

その状態に慣れてくると、無になるという
イメージが掴めてきて、出来るようになったりします。

初めから出来る人はいませんから、まずは実験。

タイマーを掛けて1分から どうぞお試しあれ!



リラックスすることが難しいあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。



posted by junchan at 10:18| 心のおしゃべり