2021年11月18日

解釈のくせ

876909.jpg

挨拶をした相手が素っ気なかったら、あなたはどう思いますか?

いつも素っ気ない人であったり、初めて逢う人であれば
気にしないかもしれません。

ただ
顔見知りであったり、毎日顔を合わせる間柄であったり、
いつもと違う反応だと

あれ 何でだろう?  と 少し考えてしまいますよね。

そこで質問です。
その素っ気ない理由を『 私…何かした? 私に怒ってる? 』
そういつも解釈してしまう、そうゆう方はいませんか?

一瞬、そう思うこと、はあるかもしれません。
ただ、その考えから抜けられず、会話を振り返ったり、不安になるとしたら
それはもう
「くせ」になっているお決まりの解釈  
かもしれません。

確かに、あなたに怒っている可能性はあります。
でも、素っ気ない行動の1回や2回で決めつけるのは、時期尚早です。
客観的な事実とは言えません。

なぜなら、人が素っ気なくなる理由としては
色んな事が考えられるからです。

・考え事
・物事の手順を思い返している
・体調が悪くてボーっとしている
・今度行く、楽しいことを想像している
・昨日、誰かと喧嘩して落ち込んでいる
・そもそも、素っ気なくしたという意識がない
・気分により、その日のテンションが変わる人

気づかないうちに、素っ気ない挨拶をしてしまうことって
あなたも、誰にでもあると思うのです。

よって、事実を確かめてもいないのに
勝手に解釈を断定して、落ち込んだり、他のことに集中できなくなるのは

時間がもったいないですよ  

そうは言っても誰にでも、「くせ」になっている解釈というものが存在します。
その「くせ」に気づくことこそ が心を楽にする一歩になるのですよ。



いつも 自分が悪いんだ にたどり着いてしまうあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。








posted by junchan at 18:20| 心のおしゃべり