2022年01月06日

何者にもならなくていい

1444810.jpg


「将来 何になりたい?」
幼少期や思春期に、誰もが聞かれたことでしょう。
それは、進学先や方向性を見極める為
必要な質問だったのかもしれません。
もっと言うと、職業を決める為
生計を立てる為に必要なことなのかもしれません。

ただ、大人になると
何者かになれた人を羨んだり
何者にもなれていない自分、を否定したりすることがあります。

それは、何者かになること自体を目的にしたり
何者かになることを叶えた人間がすごいと思うからかもしれません。

野球選手になる
パティシエになる
公務員になる
結婚して妻になる
母になる

もちろん、なりたい職業、やりたい姿
自分の望みがはっきりしていたら、それになれたらそれは素敵です。

でも、何者になるかを考えるより先に

どうゆう日々を過ごしたいか


どんな心の状態であると 嬉しいか


そこから考えてもいいのではないか
そのことの方が重要なのではないか、私はそう思うのです。

自分に嘘をつかず素直に生きたい
無理をせず心穏やかに生きたい
楽しい人生にしたい
愛する人と共に生きたい
綺麗なものを見続けながら生きたい
海外に携わりながら生きたい
人を応援する人生を送りたい
人を笑わせたい 喜ばせたい
人の役に立てる自分でありたい

どうでしょうか。
皆さんは、どんな感情や気持ちを抱きながら
日々を過ごしていきたいですか?

私たちは

毎日 生きるということを一生懸命にしています


何者かでいる時間よりも
自分自身である時間を意識するほうが長いですし、
何者かでいる時間よりも、自分の感情や気持ちを感じながら
意思決定して生きる時間のほうが長いのです。

例えば、パティシエになる夢を叶えた人の
その後の感情や目的は皆、違うと思うのです。

笑顔になってもらいたい
実家を継いで、親を助けたい
コンテストで世界一になりたい
芸術作品として極めたい、など
きっと、人それぞれですよね。

何者になるかよりも 大切なことは

どうゆう自分でありたいかです


何者にもならなくて いいのですよ。


心穏やかに生きたいあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。





posted by junchan at 18:27| 心のおしゃべり