2022年01月20日

ポジティブとは

2022-01-12-10-10-58-962.jpg

久しぶりに、自転車置き場に行くと
自分の自転車に、ビニール傘が引っ掛けてありました。
でもそれは、私のものではありません。

まず頭に浮かんだのは

「ん? 誰かが 私にプレゼントしてくれた?」でした。

随分 おめでたい考えですよね。 

自分に都合がいいですよね  我ながらそう思います。

なぜ、このような発想が浮かんだのかというと。
数ヶ月前、飲食店をでると雨が降っていたんです。
傘がなくて困っていると、従業員の方が傘を差しだして下さったのです。
「ずっと置きっぱなしの、忘れ物の傘なので差し上げます」と。

ものすごく嬉しかったのを覚えています。本当に助かりました。

その 記憶 なんです。そこから関連して
『 私は…誰かに傘を貰える 』
そうゆう、自分本位な考えが頭をよぎったのでした。

では、本題に戻ります   ポジティブとは何でしょう

目の前で、何か予想外のことが起きた時、その事象をどう解釈するか。
ネガティブに捉える人と、ポジティブに捉える人がいます。
これから何かをしようとする、未来の出来事を予測する時も同じです。

ポジティブな考えもネガティブな考えも、両方 頭に浮かぶという人。
比較的ポジティブに考えるかなという人。一方で
毎回ネガティブに考えてしまう、そうゆう人もいると思います。

そこでです!
ネガティブな考えというのは、過去の失敗の記憶や
嫌な記憶がどこかで呼び起こされた、癖のようなものです。
思い込みのようなもの なのです。

その捉え方や予測は、事実とは違います。
それなのに、ネガティブに支配されることは苦しいですよね。
よって、過去に良い結果が起きていても 忘れているだけで
思い出せないのなら… 記憶として覚えていないのなら…

結論です。ポジティブとは  自分本位に考える力  です

ネガティブな考えに支配される。そんな時は私のように

自分本位に考えるとしたら?
自分に都合よく考えるとしたら?


そう自分に 質問してみてはいかがでしょうか



私はその後、どうしたのかというと
客観的視点で考えなおし、別の場所に立てかけ直しました。
誰かが自転車を置く際、邪魔になり 近くの私の自転車に
一時的に置いておいて、忘れたのであろうという考えに落ち着きました。
ご本人の元に帰れますように。


ネガティブな考えから逃れられないあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。
















posted by junchan at 12:31| 心のおしゃべり