2022年03月17日

正しさ

22522852.jpg

人と喧嘩になったり、言い争いが起きる場合
お互いに自己主張をすると思うのですが

その論点になるのは大抵
どちらが正しくてどちらが間違っているか、そこに尽きると思うのです。
「私の言うこと、間違っている?」そう言いたくなるような気持ちです。

そこで、『 正しさ 』って何でしょうね。
正しさって難しいですよね。
正しさは1つではないのですから

親の立場、子どもの立場によって正しさは変わるように
「 立場 」や「 役割 」や「状況」でも正しさは変わります。
私の家庭はこうだったというような「 育った環境 」でも変わります。

又、生きてきた中でその人が何が辛くて、何が幸せかという
特有の「 価値観 」によっても変わります。
更には、自分にとっての正しさは 日々変化していきます。

そうだとすると
正しさを人と共有することは そもそも難しい
ことなのかもしれません。

そこでです。
自分にとっての正しさが間違いでないように
相手の正しさも、決して間違いではない時

どちらが正しくて、どちらが正しくないか その答えをだそう!
そういう争いでは、なかなか終結は迎えられません。
よって

自分の正しさの他にも 相手の正しさがある
 

そうゆう視点を持つことが必要なのだと思います。
そう思えた時に、
聞く耳が持てる。歩み寄りができる。新しい妥協点を考える。
そんな方向性が見えてくるのかもしれませんね。

そうは言っても、喧嘩をしている時は余裕がないものです。

そこで、お互いの距離と時間をおく為、傷つけ合うのをやめる為

『 一旦、この喧嘩をやめない? 』


そう提案することをお勧めします。
この中断は、逃げることでも向き合わないことでもありません。
冷静に話し合うことを目的とした意味ある中断なのですよ。



話し合うという行為が難しいあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。




posted by junchan at 12:08| 心のおしゃべり