2022年04月14日

やりたい事なのに

22472603.jpg


「これやりたいな」「こうしたいな」と動き始めたはいいけれど、途中から
しんどくなったり、気が進まなくなることはありませんか?

初めて挑戦した結果、思っていたのとは違った、そうゆう場合は別として、
やりたいことなのに、楽しいし好きなことなのに、なんだかできなくなる。
そうゆう時のことを、今回はお伝えしますね。

「〜したい」と表現された言葉は 己の意志です

でも、その意志が揺らいでしまうことが、時として起こります。
それは「〜したい」が「〜しなきゃ」に変わる瞬間です。

言い換えると
「意志」が「義務」に変わる瞬間 です
「意志」は自らが望むことで「義務」は自分に課すことです。
「自分を尊重する」と「自分を追い詰める」それくらいの差があります。

その瞬間を見逃さないで欲しいのです。気づかないと
「やりたいことなのに なぜやれないの?」そう自分を責めることになります。

義務に変わった瞬間は、やりたいことに向かう

『方法を変える』 良い機会です。

やりたいことであっても、タイミングや手順、ペースというのは
吟味する必要があります。体調や忙しさなども考慮すると良いでしょう。
やりたい気持ちを大事にするには、自分に無理をさせないことが必要です。

ただ1つ、方法を変えただけではダメな場合があります。
それは、自分に許可がだせなくなっている場合です。
無意識に「やるべきことをしていないのに やってはいけない」
「私はしたいことをしてはいけない」
そうやって自分に、禁止令をだしている場合です。でもね。自分の

望みを叶えることに
何の条件も 誰の許可もいらないのですよ


自分で自分に許可をだす、つまり自分を尊重する勇気をもってくださいね。





自分に禁止令を出してしまうあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。






posted by junchan at 09:33| 心のおしゃべり