2022年10月20日

職業を模索する旅

806616.jpg

私は今年で、心理カウンセラーとして独立して15年目になります。
それ以前の職業としては、
幼稚園教諭、保育士などの幼児教育に長く携わっていました。

ただ一時、子どもに携わる世界から全く違う世界である
ベンチャー企業に転職したた事がありました。
そこで私は 衝撃的な体験 をしました。

幼稚園教諭や保育士に求められる、主なスキルは
・子どもへの肯定的関わり・クラスをまとめる力・保護者対応 でした。
様々な壁にぶつかりながらも、同僚に迷惑を掛けながらも
(自分で言うのも恥ずかしいのですが)
ある程度の評価を得られていたと記憶しています。

でも、転職先のベンチャー企業で求められたスキルは
・マーケティング理論・経営の知識・店舗運営力などでした。
大学も幼児教育学科だった私は、それらの知識は全くなく、空回りの連続でした。

自分の力を試す目的で飛び込んだ世界でしたが、
太刀打ちできず、努力もできず、周りの評価も得られないまま1年半で断念。

その1年半前と後で最も変化したのは、上司や周りからの私を見る目でした。
『 仕事ができる人 』から『 仕事ができない人 』に
一変した私への評価 
当時は、よく泣きました(笑)。ただ今は、貴重な体験だったと心から思えます。

今回、お伝えしたいのは、
同じ人間であっても、働く場所、業種、出逢う人によって、
周りからの評価は全く違うものになるという、その事実です。
同じ人間であっても、ある人から見たら素敵な人なのに
ある人から見たら嫌な人、に普通になりうるその事実です。

立場や価値観 求められるものが違えば
見え方が変わるのは当然
 なのでしょう。

それはつまり
とある1つの場所(ある学校・ある会社・ある組織、ある集団)での
評価が悪かったとしても、それは自分の中にある1部を見て評価しただけであって
人格そのものを表す評価にはならないのだということです。

今の場所で認めて貰えないのなら 
        別の場所に行ってもいい 
のです。

ある場所で認められなくても… ある人があなたを認めなくても…
全ての人があなたを認めていないという事実には、値しないのです。

職種も職場も働き方も、つきあう人も 選んでいい のです。
自分を発揮できる場所、自分の居心地の良い場所、自分を認めてくれる人がいる
その場所で生きていっていいのです。

でもそこにたどり着くには、失敗もあれば挑戦や試行錯誤も必要かもしれません。
自分には何が得意で何が苦手か、これは普通にできるけどこれは難しいなど
自己理解が必要です。すぐにはたどり着けなくて当然です。
色々経験する内に分かってくることもあるのですから。

私自身、職業を模索する旅は人より多くしたと思います。
職業を模索することは
すなわち自分を知ること
なのだと思います。

全て、必要な時間でした。
過去の様々な体験が、今の私を支えていることに間違いはありません。
今ここにたどり着けたことが、何より嬉しいです。


自分に合った職業や居場所が分からないあなたへ。
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。


posted by junchan at 17:45| 心のおしゃべり