2022年12月01日

悪口の定義

1202512.jpg

学校や職場、ママ友や趣味サークルなど、
集団の中には必ず、自分と気が合う人もいれば気が合わない人もいます。
性別に関係なく、人としてスキだなと思える人もいますし
イヤだなと思う人も当然います。

そこで今回は、悪口の定義についてお話します。
集団の場で【 あの人に、キツイ事を言われて嫌だった 】
                  という出来事が起きたとします。
キツイことを言われたら 誰でも悲しくなります

イラっとすることもあるでしょう。

そこで、あなたならどうしますか。
誰かに話しますか?誰にも話しませんか?
嫌だったことを軽く流せる場合はいいのですが
落ち込んだり気になってしょうがないのに
気持に蓋をして、我慢したり耐えるという方法をとっていませんか?

【 集団の場で マイナスの感情を誰かに話すことは悪口になる 】
だから誰にも言わない。

このような思考になっていませんか?

そこで…嫌なキモチを吐き出すことの大切さと共に
キモチを吐き出す事と、悪口の違いについてお話します。
どちらも人に話す時には「あの人にこんな事を言われた」と同じような言葉を使うことになるでしょう。
そうなると、同じことのように思ってしまいがちです。
でも 違うんですよ。

嫌なキモチを
★信頼できる人に話す。これは、自分のキモチに素直になることで
                    気持ちを吐き出す事です。
★誰かれ構わず話す。又は、相手への反撃として人に聞かせる。
                    これは悪口です。

ポイントは 誰に話をするかです

自分が信頼できる人=
この人に聞いてもらいたいと思える人に話すことが重要です。
信頼できる人が同じ集団にいない場合は、少しの時間が空いてでも
その人に話せる機会をつくりましょう。

信頼できる人が同じ集団にいる場合は、念のため

「誰にも言わないでね」と前置きをして話しましょう

この配慮は、噂が広まり相手の耳に届いてしまうことへの配慮ですが、
自分や信頼できる人への配慮でもあります。
人の行動や感じる気持ちは、立場が違うと捉え方が変わります。
あなたや信頼できる人が、他者からあらぬ誤解をされない為です。

嫌なキモチがした時、たまたまそこにいた人に話をした。
何かあった?と聞いてくれたから話をした。
これはやってしまいがちですが、避けましょうね。

最後に、嫌なキモチを吐き出すことについてお話します。

嫌なキモチ、傷ついたキモチを誰かに話したり、表現することはとても大切です。
嫌なキモチに蓋をしたり放置することは、
自分がそのキモチを否定したことになるからです。

否定が続くと 身体や心は悲鳴をあげます

自分が感じたキモチに素直になる。簡単なようで、難しいことです。
ただ、自分だけは自分の味方でいたいものですよね。


信頼できる人がみつからないあなたへ。
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。




posted by junchan at 17:42| 心のおしゃべり

2022年11月17日

初回の方の年代別%

1523573.jpg

初めて「 カウンセリングに行ってみようかな 」と思われた時
いくつかの 不安が 頭をよぎるのではないでしょうか。

こんな【 理由 】でカウンセリングに行っていいのだろうか?
この【 年齢 】でカウンセリングに行っていいのだろうか?
カウンセラーは怖くないだろうか?
うまく話せるだろうか?

人によって、不安に思うことはそれぞれだと思います。

今回は、年齢についてお話しますね。
以下の数字は、この3年間で 当ルームにお越し下さった方の初回の年代です。
(当ルームは、18歳以上をお受けしていますので10代は18歳・19歳)

  ・10代   3%
  ・20代  32%
  ・30代  30%
  ・40代  20%
  ・50代  10%
  ・60代   4%
  ・70代   1%

この数字を見て、どんなことを思われたでしょう。
様々な年代の方が、お越し下さっているのですよ。

今回お伝えしたいのは

何歳でも 自分と向き合っていい ということです。

人は皆、色んな感情を抱えながら生きているのだと思います。
ただ、困っていること、辛いこと、苦しいこと
答えがみつからないことなど、マイナスの感情が多くを占めていると
それはとても辛いですよね。

カウンセリングは、マイナスの感情が多くある人が行く。
そうゆうイメージを持たれている方が多いと思います。
それも、間違ってはいません。
ただもう1つ、別の視点で捉えることもできるのです。

カウンセリングに来られる方は
2つの決断をしているのではないか、と私は考えています。

1つは、自分を大切にしようとする
       意志表明のような決断

『 もう辛い気持ちばかりは嫌 自分の心を楽にしてあげたい 』
『 今より いい人生が送りたい 』など 


もう1つは、今までひとりで頑張ってきた自分が
        心を緩める決断

『 誰かの 力をかりてみよう 』
『 もう 1人だけで抱えるのはやめよう 』など

カウンセリングに行くことは恥ずかしいことではありません。
自分と向き合う決意をした、前向きな行動です。

決断をした時が ベストな年齢なのです

カウンセリングに来られた方が、よく口にする言葉があります。
『 もっと早く来ればよかった 』『 もっと早く気づきたかった 』
恐らく、悔しい気持ちなのだと思います。

ただ、今までの道のりがあったからこそ、たどり着けたとも言えるでしょう。
向き合うタイミングが整うまでに、時間が必要だったとも言えます。

何歳であっても… 決断をした時がベストな年齢 なのですよ。



1度だけカウンセリングに行ってみたいと思われているあなたへ。
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。





posted by junchan at 10:13| 心のおしゃべり

2022年11月11日

相反するキモチ

23219615.jpg

嬉しい・楽しいなどの プラスの感情は良いもので
イライラ・落ち込むなどの マイナスの感情は良くないもの。 
そんなイメージをお持ちではありませんか?

違うんですよ。

実はどんなキモチも 大切な感情なんです

イライラは、自分が疲れていることを教えてくれます。
落ち込みは、自分に労いが必要なことを教えてくれます。
自己理解に繋がる大事なキモチです。

又、以下のような1つの現象に対して
同時(又は交互)に表れる
相反するキモチも否定しがちです。

子どもという存在… 可愛い  でも 大変
新しい事を始める… 意欲的  でも 不安
興味がある事をする…楽しい  でも 疲れる
介護に関わると…  力になりたい でも 面倒

2つの反対の気持ちは 当たり前の感情です

存在していい感情なんです。

心の中にどちらのキモチもあって当然。
マイナスの感情を感じる自分を、責める必要はありません。

「楽しい事をしたんだから、疲れたなんて言ってないでやる事をやらなきゃ」
「介護される側の方が大変なんだから、面倒だなんて思ってはいけない」

そんなふうに否定していませんか?

2つの相反するキモチは 両方あっていい
        
そう覚えておいて下さいね。


子育てや 介護で辛いと言えないあなたへ。
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。


posted by junchan at 16:16| 心のおしゃべり

2022年10月27日

がっかりした時の対処法

23107284.jpg


私の趣味の1つに、小さな劇場で見る演劇鑑賞があります。
目の前で、演者さんの息遣いや表情、輝く姿を見ていると

「 この人は、どんな人生を歩んでいるのだろう 」
「 この舞台に立つ為、どれだけ頑張ってきたのだろう」
と想像せずにはいられず、それがまた楽しいのです。

演劇のジャンルとしては、人生を考えさせられたり、
ほろっと泣ける物語が好きです。ただ、初めましての劇団さんの時には
作品の面白さを感じなかったり、メッセージ性が感じられない事もあり…
正直、見終わってから がっかりするんです。
もちろん、私の気持ちであって他の方は違うかもしれません。

ただ、感じてしまったこの
モヤモヤ・ブルーな気持ちをどうしたらいい?

そう思う訳なんです。そんな私に昔
同じく小さな劇団が好きな方が、こう伝授してくれました。
『 私ならこうする!という もう1つの結末を考えるといいよ 』と。

それいい!と 絶賛したのを覚えています。
別の結末を想像して楽しめばいい、そうゆう事だったと思います。

さぁ、そこでお伝えしたいのです。

『 私ならこうする 』という思考 は
人生を歩むうえでも、素敵な対処法になりますよという視点です。

世の中も人の言動も、自分が思う通りには なかなかならいかないものです。
思い通りにならないから面白い!そう言う方もいらっしゃいますが
う〜ん、そうは思えません(笑)

・目の前の人に、怒りをぶつけられた時
・目の前の人に、優しさが見られない時
・目の前の人が、理不尽なことをした時

がっかりしたりイラっとしたら
@『 私だったら どうする? 』そう 自分に問いかけてみて下さい。
A『 私だったら こうする 』自分なりの答えを出してみて下さい。

心がモヤっとするという事は
目の前の人に期待をした、という視点でも捉えられますが
目の前の人とは違う答えが自分には存在する、そうゆう視点でも捉えられます。

答えがでたなら、そこにはきっと

自分というに人間を見直すきっかけになると思うのです。
・あなたには誠実さがある
・あなたには優しさがある
・あなたには客観性がある

きっとそんな信念みたいなものが、確認できることでしょう。

がっかりするということは
あなたがどんな生き方をしたいか、という信念があることであり
イラっとするということは
あなたが一生懸命生きている、そうゆうことになるのではないでしょうか。



思うような人生が送れていないと感じるあなたへ。
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。




posted by junchan at 17:59| 心のおしゃべり

2022年10月20日

職業を模索する旅

806616.jpg

私は今年で、心理カウンセラーとして独立して15年目になります。
それ以前の職業としては、
幼稚園教諭、保育士などの幼児教育に長く携わっていました。

ただ一時、子どもに携わる世界から全く違う世界である
ベンチャー企業に転職したた事がありました。
そこで私は 衝撃的な体験 をしました。

幼稚園教諭や保育士に求められる、主なスキルは
・子どもへの肯定的関わり・クラスをまとめる力・保護者対応 でした。
様々な壁にぶつかりながらも、同僚に迷惑を掛けながらも
(自分で言うのも恥ずかしいのですが)
ある程度の評価を得られていたと記憶しています。

でも、転職先のベンチャー企業で求められたスキルは
・マーケティング理論・経営の知識・店舗運営力などでした。
大学も幼児教育学科だった私は、それらの知識は全くなく、空回りの連続でした。

自分の力を試す目的で飛び込んだ世界でしたが、
太刀打ちできず、努力もできず、周りの評価も得られないまま1年半で断念。

その1年半前と後で最も変化したのは、上司や周りからの私を見る目でした。
『 仕事ができる人 』から『 仕事ができない人 』に
一変した私への評価 
当時は、よく泣きました(笑)。ただ今は、貴重な体験だったと心から思えます。

今回、お伝えしたいのは、
同じ人間であっても、働く場所、業種、出逢う人によって、
周りからの評価は全く違うものになるという、その事実です。
同じ人間であっても、ある人から見たら素敵な人なのに
ある人から見たら嫌な人、に普通になりうるその事実です。

立場や価値観 求められるものが違えば
見え方が変わるのは当然
 なのでしょう。

それはつまり
とある1つの場所(ある学校・ある会社・ある組織、ある集団)での
評価が悪かったとしても、それは自分の中にある1部を見て評価しただけであって
人格そのものを表す評価にはならないのだということです。

今の場所で認めて貰えないのなら 
        別の場所に行ってもいい 
のです。

ある場所で認められなくても… ある人があなたを認めなくても…
全ての人があなたを認めていないという事実には、値しないのです。

職種も職場も働き方も、つきあう人も 選んでいい のです。
自分を発揮できる場所、自分の居心地の良い場所、自分を認めてくれる人がいる
その場所で生きていっていいのです。

でもそこにたどり着くには、失敗もあれば挑戦や試行錯誤も必要かもしれません。
自分には何が得意で何が苦手か、これは普通にできるけどこれは難しいなど
自己理解が必要です。すぐにはたどり着けなくて当然です。
色々経験する内に分かってくることもあるのですから。

私自身、職業を模索する旅は人より多くしたと思います。
職業を模索することは
すなわち自分を知ること
なのだと思います。

全て、必要な時間でした。
過去の様々な体験が、今の私を支えていることに間違いはありません。
今ここにたどり着けたことが、何より嬉しいです。


自分に合った職業や居場所が分からないあなたへ。
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。


posted by junchan at 17:45| 心のおしゃべり

2022年10月13日

もったいない

2022-10-10-08-27-00-174.jpg

少し前に、各分野の専門家たちが『 知らないともったいない知識 』
を伝授するTV番組を見ました。

皮膚科の医師は、リップクリームの正しい使い方を紹介していました。
皆さんは、リップクリームをどのように使いますか。
唇に対して横に塗りますか?縦に塗りますか?

ちなみ私は、横に塗っていたのですが… 正しい方法は

 縦 だそうです

縦に塗ったほうが、唇の縦じわに成分が入りやすいそうです。
なるほど〜!感心したのを覚えています。
私は唇が乾燥しやすいので、ものすごくありがたい知識であり
さっそく実践しています。以前より、塗る回数が減った気がします。

番組の趣旨としては
『せっかくリップクリームを使うなら、横に塗っていてはもったいないですよ』
そうゆうことのようです。

そこでなんです。
皆さまより少し、心の向き合い方を知っている
心理カウンセラーという、心の専門家から、お伝えさせて頂きたいのです。

・落ち込み ・自己否定 ・後悔 ・悲しみ など
繰り返し発生する、苦しい気持ちがあるのなら
その苦しみを解放したり、回復時間を短縮する
新しい方法を探してみませんか。

より心に響く方法 を知りたくありませんか?

あなたの苦しみを和らげることができるかもしれないのに
まだ試していないとしたら、もったいないと思いませんか。

あなたが知らなかった新しい視点、心の法則、
心との向き合い方がきっと 存在します

ただ残念ながら…。
心は、お1人おひとり複雑なものですから
「誰もが当てはまる答えはこれです』と伝えられる訳ではありません。

でも、あなたに合った方法
あなたなりの答えがでるまで… 心が楽になるまで…。

ずっと一緒に探し続けることはできます

ひとりで考えて、訳が分からなくなったり、投げやりになっているのなら
どうぞ、心理カウンセラー(公認心理師・臨床心理士など)という
専門家を訪ねてみて下さいね。



苦しみからの回復できずにいるあなたへ。
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。




posted by junchan at 11:15| 心のおしゃべり

2022年09月15日

努力について

22745023.jpg

私は正直言って、努力という言葉がスキではありません。
毎日コツコツ頑張るのも苦手ですし、
何より、努力は美徳というようなイメージも嫌なのです。

努力は、
誰かに強要されるものではありませんし、
自分にも、努力を押し付けるというのは違うと思うのです。

今回は 努力って何だろう
 ということについてお話させて下さい。

まずは、2つの考え方から。
❶『 努力すれば必ず報われる。自分の努力次第だ 』
➋『 努力しても報われるとは限らない。自分ではどうしようもない事がある 』

私は
❶を経験せずに➋にたどり着くのは、違うと思うのですが
❶を経験したのちに➋を知ることは、とても重量なことだと思うのです。

❶しか知らない人生は、ものすごく生きづらいです。
努力に終わりはありませんから。
努力は、自分に良い結果を突きつけてしまいますから。

「努力しなきゃ」と自分に強要するのではなく
「努力してみようかな」そう

自分が望んだ時には 選択してもいい
と思うのです。

でも、努力しても先が見えない時は、一休みしてもいいでしょう。
人に頼ったり、方法を変えるのも良いでしょう。
ただ、それでも結果がでない時は

努力をやめてもいい と思うのです。

怠慢でもなく自分本位でもなく、
自分がどうしてもできないことを諦めていくこと、
それは、生きやすさに繋がるのだと思います。

それこそが 自分を尊重すること なのだと思います。

自分を努力という呪縛から、解放してあげて下さい。

努力は、正解も不正解もないので、努力迷路にはまることがあります。
努力と結果を出すことがイコールだと思ってしまうのも、
はまりやすい落とし穴です。

人生の中では、起こるのです。努力しても報われない出来事が。

努力しても結果がでなければ、悲しいですよね、悔しいですよね。
でもね、訳が分からなくなったら、やめていいのです。
心が苦しくなったら、やめていいのです。

自分には難しかった 自分には合わなかった 

それ以上でもそれ以下でもないのです。

ただ1つの事実 なのです。

どうぞ➋の考え方を、頭の片隅においてあげて下さい。

そして➋の経験をすることがあったら、その経験を受け入れることができたら
それは後に自分への優しさ、他者への優しさに繋がりますよ。きっとね。



1人の努力ではなく、2人で努力してみたい。そう思われた方へ。
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。




posted by junchan at 11:29| 心のおしゃべり

2022年08月17日

失敗の捉え方

22925592.jpg


失敗が重なったり
大きな失敗をした時にはすごく落ち込みますよね。

「自分はダメな人間だ」と人格を否定をしたり
「今後もいいことなんかない」と未来を否定したりもします。

ただね。
失敗が 100%自分の責任ということはないんですよ
成功も、100%自分の手柄ではないように…。

『 成功 』を基準に考えると理解しやすいかもしれません。

何かを成し遂げた時、それはもちろん
自分の努力の賜物であることに、間違いはありません。
ただその背景には…。

過去に自分を指導してくれた人
      助言をくれた人
現在 自分を応援してくれる人
      協力してくれる人
      
人の存在がそこにはあります。

又、努力ができた環境や
当日を無事に迎えられた環境が、あってこそです。
ラッキーという、偶然が重なることもあるでしょう。

ね! 自分の努力以外にも
 人の存在や環境があってこそ 

成功にたどり着けたのだと思いませんか?

そう考えると失敗も同じです。
失敗は、自分が招いた種ではあるのですが、
自分の人格や未来を否定するまでには、値しないのです。

自分が置かれていた、過酷な環境もせいかもしれません。
与えられた準備期間の短かさ、などの状況もあったかもしれません。
あの時、あの人がああしていたら、教えてくれていれば防げたのにという、
周りの人の動きも関係するでしょう。
何であの時、ああなったのだろうという
アンラッキーにみまわれることもあると思います。


どうぞ、主観的ではなく客観的にとらえてみて下さい。
成功も100%自分の手柄ではないように
失敗も100%自分の責任ではないのです。

自分を責めるのは 60〜70% 

くらいにしておきませんか。 
自分のダメな所を挙げ続け、エネルギーを0まで消耗するよりも
「次 どうしたら防げるのだろう」と考えられるエネルギーを残しましょう。

心の余裕があってこそ「また 頑張ろう」という未来を描けるのですから。
失敗を未来の成功へと繋げていきましょう!



失敗を引きずってしまうあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。


posted by junchan at 17:42| 心のおしゃべり

2022年08月04日

大切にする

402213 (1).jpg

「自分を大切にする」というフレーズを心理系の本ではよく目にします。
ただ、抽象的な表現な為、ぴんと来ない方もいらっしゃると思います。

もちろん、人それぞれに大切にする方法が存在すると思うので
答えは様々だと思います。ただ、大きく捉えると
「自分という人間を尊重する」そこに尽きると思います。

今回は、じっくり考えることではなく
『 試しにやってみて! 』という方法をご紹介します。

シンプルな2つのことです。

@ 自分に ごめんなさい と言う
A 自分に ありがとう  と言う

どんな時に言うのかというと…
@物に身体の1部をぶつけた時や、自分に無理をさせた後に
「痛かったでしょ!大丈夫?ごめんね」
「疲れたでしょ! 大丈夫?ごめんね」

角に足をぶつけた時など、ものすごく痛いですよね。
そんな時は、物にあたってみたり、
自分に苛立ちを向けることってありますよね。
その

行き場のない気持ちに 優しい言葉を掛けるのです

痛い想いをさせてしまってごめんね。
無理をさせてしまってごめんね。そんな感じです。

A1日の終わりや、何か大変な事が起きた後に
「今日は暑かったね。暑いのに 仕事(家事)してくれてありがとう」
「今日は大変だったね。よくやったよ。ありがとうね」

第3者に言うことはあっても、自分にはあまり言わないですよね。

どうでしょうか。
気づいた方もいらっしゃる思いますが  自分で自分をねぎらうのです

他者を気づかうこと、ねぎらう事はあっても自分には、なかなかしないですよね。
ねぎらいは尊重の1つです。言ってみると、不思議な感覚がします。
でも、案外 悪くないですよ(笑)

人から尊重されるのを 期待する、待つ、要求するより
自分で自分を尊重してあげましょう。
尊重される感覚を自分に提供してみて下さい。
誰が何と言おうと…

あなたには 尊重される価値がある  のですから。



自分を大切にする方法が分からないあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。



posted by junchan at 12:39| 心のおしゃべり

2022年07月23日

褒められても受けとれない

560565.jpg


人から褒められても、素直に受けとれない。
そうおっしゃる方が、結構いらっしゃいます。

『 褒められて嬉しい 』そう思えたらステキですよね。

嬉しさは 心のエネルギーに変換されますから 

受けとれない理由としては、相手が信用に値しない。
など、他者に要因がある場合もありますが、今回は
自分に何が起きているかという視点で
        2つの要因についてお伝えしようと思います。

◆  間違った思い込み   によるもの

以下のように、そうに違いないと思い込んでいるパターンです。
「 人から褒められるような 私ではない 」 と強固に信じている。
「 それは 褒められるような事ではない 」と断固に拒否している。

『 間違った 』と記載したのには、意味があります。
褒める方にしてみれば、正しさも間違いもない、個人の自由な価値観な訳です。
それを、違うと決めつけるのは客観的ではありません。
相手は本気でそう思った、その人にとっての真実なのです。
正しさやキレイも、人それぞれ基準が違うように
褒めたくなる気持ちも、人それぞれなのです。

よって、自己理解の視点からお伝えすると

長所には
自分が気づいている長所と、気づけない長所というのが 確実に存在します。
そこで! 過去に、同じことを別の人から2回以上言われたら、それは
 自分では気づけなかった魅力 なのだと、信じてもいいのです。
『 もしかしたら そうなのかなぁ 』そう思ってもいいかもしれませんよ。


 ◆ 投影    によるもの

投影とは、自分の考え方を、他者にうつし出すことです。

恐らく、受けとれない方は…
自分が人を褒める時には、気遣いから発した言葉だったり
ご機嫌をとる為に言うことがあるのではないでしょうか。
つまり
本音ではない場合がある。そうなると、自分と重ねてしまいます。
「 この人も 私を本当に褒めている訳ではない ただのお世辞かもしれない 」
そのような心の原理が働いてしまうのです。

でも、別の視点からとらえてみると、
褒める理由が、気遣いでもご機嫌をとる為であっても
自分との関係を悪くしたくない、又は大切にしたいと思っている。
そう捉えることもできます。

そうであるなら、褒められた内容は受けとれなくても、
この人が自分を褒めたいとおもった、
 その想いを尊重してみる
そこだけ、受けとるのはいいかもしれませんね。


自分には長所がないと思っているあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。




posted by junchan at 17:26| 心のおしゃべり

2022年07月06日

ゆずれない想い

1404620.jpg

パン屋さんを経営するご夫婦の
素敵な話を耳にしたのでご紹介します。


開業前、一緒に商品開発をしていた時のこと。
以前よりパン職人だったご主人と
パティシエだった奥様が、クリームパンに入れる

カスタードクリーム

          について、大揉めしたそうです。

ご主人は「ぽてっとした ずっしりカスタード」 が推し
奥さまは「さらっとした あっさりカスタード」 が推し

夫婦になって、初めて大喧嘩になったそうです。
お互いに、経験値、味覚への自信、プライドなど
それぞれの想いがあったのでしょうね。

 
2人とも どうしても 譲れなかったそうです



結果… どうなったと思います?


なんとクリームパンに
両方のカスタードクリームを入れることにしたんですって!

生クリームとカスタードクリームの
2種類のクリームを入れるのは、聞いたことがありますが
同じクリームの味を変えて、2種類入れるのは聞いたことがありません。

そしてそれは…
今では店の看板商品になって
出来上がり時間に行列ができるほどの、繁盛店へと導いてくれたそうです。


人が 大切な決断をする時

どうしても譲れない場合があるのだと思います。
内容は、仕事のことだったり、両親や子どもの将来のことだったり
自分の人生のターニングポイントだったり、人によって様々でしょう。

一緒に考える人が身内や、仲間であっても
        意見が食い違うことってあると思います。

そんな時は
今回のように上手くいくとは限らないけれど…。
時間や時期で、両方の意見を試してみたり
両方の意見を、少しづつ採用するなど

 どちらか一方に決めない 

そんな解決方法もあってもいいかもしれませんね。



人にすぐ意見を譲ってしまうあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。



posted by junchan at 18:37| 心のおしゃべり

2022年06月23日

分からないキモチ

22757567.jpg

動物園に何時間も並び
パンダの赤ちゃんを見る人々のニュース。
正直… 私にはそのキモチが分かりません。

もちろん、映像を見ると可愛いいのです。
沢山の方が熱中するのだから、
そこには、あたたかい想いや意味づけなど

『 何か 』が存在するのだろうと思います 


でも、残念ながら私には分かりません。
同じようにはできません。

一方、カフェが好きな私は
絶対に行きたい!そんなカフェに遭遇して
1時間 並んだことがあります。

誰かにとっては、たかがカフェだと思うのですが
私にとっては、されどカフェなのです。
ここでは語りきれない、私の想いがあるのです(笑)

そうゆうことだと思うのです。

私には分からない
   何かのキモチが他者には存在して


他者には分からない 私だけのキモチが存在する。

それは、興味や好奇心、好き嫌いだけでなく
悲しみや悔しさ、怒りの感情も同じ。

そのキモチ分からないなぁ、私ならそんな行動しないなぁ
そう思った時は、無理に分からなくていいと思うのです。
分からないままでいい。
分かったつもりにも ならなくていい。
理解しようとしても、難しくて混乱することがあるから…。

そのキモチに賛成できなかったとしても、否定はしない。
ただそこに、その人にとっての

 確かなキモチが存在する のだから。

『 そこにあるんだね 』と受け入れる。
それだけで、いいのではないでしょうか。



他者を理解しようとして 疲れてしまうあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。






posted by junchan at 18:34| 心のおしゃべり

2022年06月09日

解釈を変える

2022-06-04-08-50-36-296.jpg

近所のお店に、ペットボトルキャップの回収BOXをみつけました。

以前から『エコキャップ運動』に賛同して集めているので
(キャップをワクチンに変えて 発展途上国の子ども達に送る支援)
近くに設置場所ができて嬉しく思いました。

BOXの中を覗くと…写真のように
お水が入ったままのペットボトルが入っていました。


それを見た瞬間 私は、怒りの感情がこみあげました。

「ここはごみ箱じゃない!キャップを入れる所なのに」

次の日も次の日も、その状態は続きました。
善意を汚されているような気がして悲しいような、心がザワザワしました。

でも数日たったある日、気がついたんです!
「段ボールBOXが、飛ばないように入れてあるんだ」

なんだか拍子抜けしました。
皆さんは、すぐに気がついたかもしれませんね
私のはやとちりですね(笑)

気がついてからは、そのBOXを見る度
ザワザワしていた気持ちが、嘘のように晴れやかになりました。


そこで、今回お伝えしたいのは、
ザワザワする気持ちの正体は
自分で生み出している勝手な解釈かもしれないということです。

私のように勝手に解釈して、勝手に不快になる。
でも解釈が変われば、なかったように晴れやかになる。
自らが 不快を生み出しているなんて、皮肉ですよね。

でも、自分の解釈次第で気持ちが変わるなら

自分の感情は自分で穏やかにする
 
それも可能だということ。試してみてはいかがでしょうか。

こんなことありませんか?
真実かどうか分からない出来事に…、相手の言動が意味することを聞いてもいないのに…。
勝手に解釈して怒ったり、落ち込む。
そんな時は、解釈する視点を変えてみることをお勧めします。

【 初めの解釈 】私は ○○だと思ったけど…
【 別の解釈 】 もしかしたら △△かもしれない…

自分が勝手に考えた解釈を、主観的視点と捉えると
       別の解釈を考えることは、客観的視点とも言えます。
2つ(複数)の視点を持つことは、物事を黒白はっきりではなく

[ グレー ][ 曖昧 ][ 保留 ] にする

これらは、心を楽にする魔法なんですよ。





怒りでいっぱいになるあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。





posted by junchan at 18:57| 心のおしゃべり

2022年05月26日

友達とは

22698017.jpg

友達の定義って何でしょうね。
すごく難しいですよね。

ただこれだけは分かります。

人によって定義は違う
 という事です。

・知り合い以上 を友達と呼ぶ人=広く浅く
・心の内を見せられる人 を友達と呼ぶ人=狭く深く
・友達は沢山いたほうがいい
・友達は1人いればいい  様々でしょう。

きっと『 友達 』には、色んな形が存在していいのだと思います。

@ 環境友達… 共通する境遇や枠組みが同じだからこそ、共通の話題や
       悩みや喜びを分かち合う
       ・職場仲間・クラスや部活の仲間・ご近所さん・ママ友

A 趣味友達… 好きなことが同じだからこそ「楽しい」を一緒に味わう
       ・ライブ友達・飲み友達・習い事友達・犬友

B 心を開ける友達… 辛いことも楽しいことも 何でも言える友達


どんな関係だと良くて
どれはダメ はないのだと思います



時には、片思いの関係性もあると思います。
(私はもっと仲良くなりたいけれど…相手はそうでもないみたい。
    そんなこともあります。その反対も起こりうるのですから。)
会う回数や連絡の頻度、人数も性別も関係ないのだと思います。
皆、価値観は違いますから。

1番大事なのは… 無理をしないこと

自分なりの友達関係、自分なりの距離感、それでいいのだと思います。

ただ、無理をしてしまうなら… 悲しくなる事が多いなら…
自分らしくいられないなら… 関係性を見直したほうがいいでしょう。
今後 友達を作りたい人は
自分が望む、必要とする関係性を 模索するのもいいかもしれませんね。



友達をつくりたいあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。






posted by junchan at 12:34| 心のおしゃべり

2022年05月12日

目標の立て方

22618132.jpg

主任になる!資格をとる!
など、目標を持つことは、素晴らしい事です。
日々の生活に活気がでたり、自分を高められます。

ですが… 叶えられなかった場合です。
ゆっくり叶えればいい、また挑戦すればいい、そう思えれば良いですが
努力不足だと自分を責めたり、自分はダメだと
結論づけるとそれは、逆効果になってしまいますよね。

今回は、目標の立て方の工夫についてお伝えします。
まずは、分類についてです。
目標は2つに分けることができます。

〇外的目標  〇内的目標  


課長になる、資格をとるは、共に外的目標になります。
役職という役割を得る、合格を貰うなど
物事の外側を表したり、客観的なものを表します。
一方、内的目標は
物事の内部を表したり、精神的なものになります。

次は、向き不向についてです。
外的目標は、自分に厳しい人には、不向きなんです。
願いが叶えばいいですが
叶わなかった場合には、必要以上に自分を責めるからです。

そこで! 

外的目標を内的目標に変換する事 
をお勧めします。

主任になるという目標の場合
自分が主任になれたら、どんな心の状態になれるのかを想像します。
つまり、目標の奥にある気持ち
自分がなりたい姿や、自分が望んでいる事について考えて欲しいのです。
そこで出た答えが、内的目標となります。

こんな望みにたどり着くかもしれまん。
「主任になりたい」のは
・収入が増えることで心に余裕が持てる自分になりたいから
・皆に頼られる自分になりたいから
・親に褒められたいから
「資格をとりたい」のは
・自分を認めてあげたいから
・責任のある仕事を任されたいから
・飽きっぽい自分が、最後までできる事を証明したいから

自分の望みにたどり着ければ、
方法や手段が1つではないことが分かりませんか?

1つの方法がダメでも、自分を責める必要はないのです。
本当に望んでいることは外的なことではないのだから。

1つの方法にこだわる必要はなく

自分にあった別の方法を探すのも良いでしょう

自分より先に同僚が主任になったとしても、資格試験に落ちても
外的な要因にどうぞ、振り回されないで下さいね。



自分の気持ちに気づけないあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。








posted by junchan at 21:06| 心のおしゃべり

2022年04月14日

やりたい事なのに

22472603.jpg


「これやりたいな」「こうしたいな」と動き始めたはいいけれど、途中から
しんどくなったり、気が進まなくなることはありませんか?

初めて挑戦した結果、思っていたのとは違った、そうゆう場合は別として、
やりたいことなのに、楽しいし好きなことなのに、なんだかできなくなる。
そうゆう時のことを、今回はお伝えしますね。

「〜したい」と表現された言葉は 己の意志です

でも、その意志が揺らいでしまうことが、時として起こります。
それは「〜したい」が「〜しなきゃ」に変わる瞬間です。

言い換えると
「意志」が「義務」に変わる瞬間 です
「意志」は自らが望むことで「義務」は自分に課すことです。
「自分を尊重する」と「自分を追い詰める」それくらいの差があります。

その瞬間を見逃さないで欲しいのです。気づかないと
「やりたいことなのに なぜやれないの?」そう自分を責めることになります。

義務に変わった瞬間は、やりたいことに向かう

『方法を変える』 良い機会です。

やりたいことであっても、タイミングや手順、ペースというのは
吟味する必要があります。体調や忙しさなども考慮すると良いでしょう。
やりたい気持ちを大事にするには、自分に無理をさせないことが必要です。

ただ1つ、方法を変えただけではダメな場合があります。
それは、自分に許可がだせなくなっている場合です。
無意識に「やるべきことをしていないのに やってはいけない」
「私はしたいことをしてはいけない」
そうやって自分に、禁止令をだしている場合です。でもね。自分の

望みを叶えることに
何の条件も 誰の許可もいらないのですよ


自分で自分に許可をだす、つまり自分を尊重する勇気をもってくださいね。





自分に禁止令を出してしまうあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。






posted by junchan at 09:33| 心のおしゃべり

2022年03月24日

応援する気持ち

22580724.jpg



先日、興味深いことを知りました。

東京マラソンでは、走る人も抽選するくらい人気だけれど
ボランティアも、抽選するくらい人気なのだそうです。

人を応援する気持ちは 尊い  そう思います。

推しがいる人も素敵だなと思います。
ボランティアも、スポーツ選手やアイドルを推す気持ちも
家族や友達など、身近な人に抱くのとは少し違いますよね。

自分のことでもなく、自分を知らない第3者である
他者の頑張りを応援する 

利害もない 見返りも求めない その人の生き方を応援するような
温かい気持ち。

ある時、思ったんです。
私にはそうゆう人がいないなって。

この人素敵だな という俳優さんはいますし
甲子園では、埼玉の学校を全力で応援するんですけど。
一時的な感じで、違う気がするのです。
そうなると
そうゆう気持ちが、持てない私なのかなと
少し落ち込むような気持ちにもなるのです。

でも、またある時気がついたのです。
その人の生き方をずっと応援したいと思える
温かい気持ち が 自分にもあることを。

私は【 自分自身と向き合う人 】を応援したいから
カウンセラーを選びました。
来談される方は、自分を知らない第3者でも
関わっていない人にも該当しないけれど…。

1回だけお越し下さった方も、通って下さる方も、卒業していった方も

ずっとこの先も その方の人生を応援し続けていきたい
そう思う気持ちが、確かに私の中に存在するのです。

この気持ちも、応援する尊い気持ちだと思っていいですかね?
いいですかね。

身近な人でも、知らない人でも
誰かを応援する気持ちって、すごく素敵な感情ですよね。
又、応援されることも すごく嬉しいですよね。

応援する気持ちを大切にしていきたいです。



応援が必要なあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。










posted by junchan at 12:52| 心のおしゃべり

2022年03月17日

正しさ

22522852.jpg

人と喧嘩になったり、言い争いが起きる場合
お互いに自己主張をすると思うのですが

その論点になるのは大抵
どちらが正しくてどちらが間違っているか、そこに尽きると思うのです。
「私の言うこと、間違っている?」そう言いたくなるような気持ちです。

そこで、『 正しさ 』って何でしょうね。
正しさって難しいですよね。
正しさは1つではないのですから

親の立場、子どもの立場によって正しさは変わるように
「 立場 」や「 役割 」や「状況」でも正しさは変わります。
私の家庭はこうだったというような「 育った環境 」でも変わります。

又、生きてきた中でその人が何が辛くて、何が幸せかという
特有の「 価値観 」によっても変わります。
更には、自分にとっての正しさは 日々変化していきます。

そうだとすると
正しさを人と共有することは そもそも難しい
ことなのかもしれません。

そこでです。
自分にとっての正しさが間違いでないように
相手の正しさも、決して間違いではない時

どちらが正しくて、どちらが正しくないか その答えをだそう!
そういう争いでは、なかなか終結は迎えられません。
よって

自分の正しさの他にも 相手の正しさがある
 

そうゆう視点を持つことが必要なのだと思います。
そう思えた時に、
聞く耳が持てる。歩み寄りができる。新しい妥協点を考える。
そんな方向性が見えてくるのかもしれませんね。

そうは言っても、喧嘩をしている時は余裕がないものです。

そこで、お互いの距離と時間をおく為、傷つけ合うのをやめる為

『 一旦、この喧嘩をやめない? 』


そう提案することをお勧めします。
この中断は、逃げることでも向き合わないことでもありません。
冷静に話し合うことを目的とした意味ある中断なのですよ。



話し合うという行為が難しいあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。




posted by junchan at 12:08| 心のおしゃべり

2022年02月24日

カウンセリングの規定

525472.jpg

一般的に知られている事、知られていない事をお伝えします。
比較的知られていると思われるのが以下の内容です。

★ 守秘義務  
カウンセリングルームでお話されたことは、一切口外することはありません。
ご家族や紹介者から、問い合わせがあった時も同様です。
内容はもちろんですが、お越しになっているかどうかの
有無もお答えすることはございません。

ただ例外がございます。こちらは知られていないと思われます。
1)本人の同意があった場合
2)本人または他者に、直ちに命の危険があると推測される場合
3)相談内容により、専門領域との連携や助言が必要な場合に、最小限の情報提示
4)法令による提示

これらは、初回にお越し下さった時に、必ず書面にてお伝えしております。


次に、比較的知られていないと思われる内容をお伝えします。

★ 診断はできない
心理カウンセリングは心理的援助であり、医療行為ではありません。
診断名を告げる、確定することはございません。

★同家族は受け入れられない
ご家族の1人がお越しになり、その後
兄弟・姉妹に紹介するという場合がございます。
知らないカウンセラーよりも知っているカウンセラーを勧めたい
そう思う気持ちはもっともだと思います。

又、信頼して下さっての紹介はとても嬉しいことです。
ですが、受け入れができないのです。

お越しになった方と、信頼関係を築くことを大切にする中で
同家族の別の人からの見方や視点が出てくると、対応の難しさ
客観的視点のずれが生じる場合があるのです。
その方だけの味方になる、そのことが難しくなる場合があるのです。

カウンセリングルームは行きにくい、そう思われる方は多いと思います。
少しでも情報提供をしていければと思います。



カウンセリングはどんな所か不安なあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。



posted by junchan at 15:32| 心のおしゃべり

2022年02月17日

悪い出来事だと決めつけない

778168.jpg


人生が、すべて思い通りになったら嬉しいですよね。
でも、なかなかそうはいきません。

ただ、思い通りにいかなかった出来事が
ダメな事だと決めつけるのは、少し違うと私は思うのです。

一見、思い通りにいかなかった出来事も
のちに 思い通りになる未来に繋がっているとしたら
それは長い目でみて、悪い出来事ではなかったということになりませんか?

代表的なことわざでは「失敗は成功のもと」がありますよね。
他に例を挙げてみます。

例@…階段から落ちて入院したとします。
それは不運な出来事かもしれません。
でも、その病院で出逢った人と結婚したら、不運とは言い難いですよね。

例A…目の前の列車に乗れず、交通手段をバスに変えたとします。
それは悔しいですし、面倒な出来事ですよね。
でもその後、その列車が路線に長時間、立ち往生したとします。
そうなると、自分に起きた出来事は幸運だったと言えます。

どうでしょうか?目の前で起きた不運が
良くない事だとは決めつけられないような気がしませんか。
ただ、例@と例Aには違いがあります。

@は、不運な出来事が、後からそうじゃなかったと自分で気づけます。
でも例Aは、大きな遅延に繋がった事実を知らなければ
幸運だったとは気づけません

そうなんです。人生にはAのような出来事が起きているのだと思います。
幸運に結び付いたことが確認できれば、不運を幸運に変換できますが
気づけずに、不運なままの解釈にし、自分を責めたり落ち込むケースです。

でも 知らないうちに 救われていたケースがある
そうゆう角度で解釈するのもいいものですよ。また、のちに幸運に結び付くけれど
答え合わせに時間がかかっているのかも。そう思うことも!

今回は解釈する視点をご紹介しました。
目の前で起きたよくない出来事を、不運だと断定するのは
客観的事実ではないかもしれませんよ 

目の前で起きた出来事が、うまくいかなくても
「私が悪い」「今までもうまくいかなかった これからもずっとそうに違いない」
そう決めつけないでもいいんです。

答えは誰にも分からないし すぐには分からない 
だから… そう まずは一旦保留にしてみてくださいね。


目の前で起きる不運は全部自分のせいだと思うあなたへ
さいたま市にある 心の森のカウンセリングです。






posted by junchan at 11:49| 心のおしゃべり