2016年12月22日

ぷぷっ! 

2016121212500001.jpg

美容院でこんな本に出合いました。

私がお世話になっている美容院のオーナーは
雑誌や本をご自身でも選んでいるのですが、そのチョイスがとても面白いんです。

その中でご紹介するのは ぷぷっ! と笑えるこの本です。

『 死ぬかと思った 』の文字通り 
人生最大の 恥ずかしさ・気まずさ・命の危機 
              を経験した 沢山の体験談で構成されています。

笑える本ではありますが、

「この人 そうとう恥ずかしかっただろうな」
「みんな 色々あるんだな」
「こんな事 しちゃうんだ」
 
と色んな人生の 一幕をかいまみれたような気がして
なんだか 心がほっとするような 感覚も味わうことができるんです。


心が温まるような ほっとする時間って 大切ですよ 
 


笑うことが難しいあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです






posted by junchan at 11:42| 心のおしゃべり

2016年12月08日

カウンセリングに来る方

無題.png

先日、大学生から職業インタビューを受けました。
ゼミ・卒業論文で「心」を扱っているそうです。

幾つかの質問の中で、皆さまにもお伝えしたいと思ったのがこちらです。
「カウンセリングにくる方の共通点は何ですか?」

恐らく…… 
まじめな人・頑張り屋など
悩みに至る性格的特徴、ネガティブな特徴を
聞きたいのであろうと推測しました。
又、確認もしたところ、そのようでした。

ただ、私はこう答えました。
「自分と向き合う力がある方」
 がお越しになりますと

最も重要なのは性格的特徴ではなく、どの方向を向いているかだと
日々カウンセリングを行いながら感じています。

当カウンセリングルームには、診断名のつく方もつかない方もお越しになります。
うつ病・不安障害などの診断名のつく方は、口々におっしゃいます。
「薬に頼りたくない」「薬で治っても意味がない」と、
自分自身の生き方を変えようという気持ちの表れです。

診断名はつかないけれどお越しになる方の多くは、こうおっしゃいます。
「このままの自分では嫌」「今の自分を変えたい」と。
より良い人生にする為に行動したのです。

悩みはそれぞれですが、
自分の心理状態や置かれている状況を直視し、
そのまま留まるのではなく、歩きだすことを選んでいるのです。

家族や知人に勧められたからとお越しになる方もいらっしゃいますが、
向き合おうと思わなければ、お越しにはなりません。

もちろんお越しになった後、
向き合うタイミングが今か、そうではないかは検討する必要があり、
今ではない決断をする方もいらっしゃいます。
その決断も、自分のエネルギー状態を直視できている証拠です。


カウンセラーという職業は本当に尊いものだと感じます。
そのような志を持った方々が、
自らの力を発揮しながら変わっていく姿を目の前でみられるのですから!

変わりたいあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです












posted by junchan at 18:12| 心のおしゃべり

2016年11月24日

40代はひよっこ

2016112417110001.jpg

先日、女性起業家の交流会『 経営力アップ 埼玉ウーマンズカフェ 』に参加しました。
テーマはリーダーシップ。

グループディスカッションで出逢った、私の母ぐらいの年のお姉さま。 
その方の言葉が1番心に響きました。

30代は がむしゃらに働いて 
40代で やっとやりたいことがみえてくる
50代で 部下を育てられれば        
60代は 怖いものなしよ!

言いながら豪快に笑うその女性が、
仕事も人生も楽しんできた 生きた答え なのだと感じました。

年代の話でもう1つ…
財界で活躍した渋沢栄一氏の言葉に
「40、50代は鼻垂れ小僧、60、70代は働き盛り、
  90になって迎えが来たら、100まで待てと追い返せ。」とあります。

そうだそうだ!
私40代は、経営者としても人生においても まだまだひよっこ。
まだまだ失敗しながら学びながら、人生を歩みたいと思いました。


失敗が気になるあなたへ
さいたま市にある心の森のカウンセリングです


posted by junchan at 18:10| 心のおしゃべり